May the force be with Me.

<   2005年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

いまどきケータイでもできるらしいよ

長いことやりかけ状態でほっぽらかしていた
「Final Fantasy 2」 をやっとクリアしました。
本編じゃなくて、おまけストーリーの
「soul of re-birth」 てやつなんですけど。

本編とは違ってよわっちい主人公達を鍛え、
そこそこ強くなったところで敵ボスを倒しにGo。

高いエンカウント率に嫌気がさし始めたころ
ボスの前に到着。とりあえず話しかけてみると
永遠の命をくれるとのこと。

世界の半分をあげる→はい→死の世界デシタ残念!
という過去の遺物を使いまわしてるのかこのゲームは、
と思いながら会話をすすめていくと
特にプレイヤーが選択する場面もないまま戦闘に突入。

ウォール・デスヘイストやバーサクで地道に攻撃。
すると3ターンくらいであっさりボスはお亡くなりになりました。
せっかくゲットした究極魔法はやはり出番なし。
命をかけて封印を解いた人は無駄死にだった、ということを
自ら体験することで知ってしまったミンウの胸中やいかに…

・・・
そーいえば、竜騎士の一族の生き残りの女性と男の子が
いるんだけど、男の子の名前はカインでした。
竜騎士=カイン、ということでひとつよろしく。
(Ⅳの主人公はセシルじゃなくてカインだよねぇ)
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-27 18:46 | ゲーム

神田にて

高校時代の友人と飲み。

Beer Bar に行ったのだけれど、俺はウィスキーばかり飲んでいた。
マッカラン、シーバスリーガル、ボウモア、バランタイン、プラットバレーあたり。

もともとアルコールには強くない。ビールなら中ジョッキ1杯でおなかいっぱい。
2杯飲んだら気分が悪くなる。

それにくらべると蒸留酒はまだ少しは飲めるのだが、そうは言っても限度がある。
この日は調子に乗って飲んだせいで、家に帰ってきてから激しい頭痛にw

みなさん、酒は飲んでものまれないようにお気をつけください。
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-21 00:00 | 日記

マンガで読む日本の歴史

小学生のころは日本の歴史の漫画本を読んだりしてました。
マンガだし、ストーリー(?)もおもしろいしねw

大学受験レベルでも、勉強の導入としては使えるらしい。
大体の流れをつかむのにいいんだって。

マンガ「日本の歴史」にも何種類かあって、内容が微妙に違います。
歴史も学者によって主張してる説がいろいろあるから、
解釈の違い?によって「歴史」も変わってくる。
特に古い時代になると、誰も知らないわけですから。推測するしかない。

それでも、現時点で通説とされる「歴史」を小学生とかには教えてるわけですな。

…解釈に違いがあるのは仕方がない。
その時代の権力者によって「作られた」歴史もあるだろう。
にしても、だ。

日本の歴史教育には意図的に「(誰かにとって)都合の悪いこと」を教えない傾向がある。

最近は近代史が問題になっているが、古代史だってそう。

たとえば天智天皇(中大兄皇子)と天武天皇(大海人皇子)。
義務教育じゃあ兄弟とされている。普通の小学生ならみんな知ってるレベルだ。
大化の改新の兄:天智、壬申の乱の勝者弟:天武。

しかし、弟であるとされている天武の生年ははっきりしない。
この時代を記した史料の日本書紀には記載されていないのである。
だが、後世の史料には彼の没年と享年が記載されていて、それから逆算すると
兄である天智よりも天武の方が早く生まれたことになる。

ではなぜ日本書紀に天武の生年が記載されていないのか。
古い書物だから?たまたま天武の生年だけ抜け落ちた?


そんなことはありえない。


日本書紀とは、もともと政治色の濃い書物であるが、
天武がその息子である舎人皇子(親王)に命じて編纂させた書物であり
「天武がどれだけすぐれた人物だったか」事細かに記述している。
天皇による朝廷政治の正当性(正統性?)を裏付ける意図でも編纂されている。

そんな書物に、何の理由もなく天武の生年が記載されないわけがない。
つまり、書かなかったのではなく「書けなかった」のだ。
理由は当然、書けば天智の弟ではないことがわかってしまうからである。

ここから先は微妙なので折りたたみ。

More
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-20 17:03 | 日記

時間割。

履修登録も終わったので、ここで私の一週間の時間割をまとめてみます。

1年前期(必修科目)

月曜日: 「刑法(総論・各論)」 「民法(総則)」
火曜日: 「商法総則」
水曜日: 「刑法(総論・各論)」 「民法(総則)」
木曜日: 「家族法」 「憲法(統治)」
金曜日: 「行政法」

ちなみに後期は…

月曜日: 「民法(財産権)」
火曜日: 「会社法」
水曜日: 「民法(財産権)」 「会社法」
木曜日: 「憲法(人権)」
金曜日: 「民法(損害賠償法)」

・・・
憲法や民法に比べて、刑法だけ扱いがヒドイ。
せめて前期総論→後期各論、にしようよ。。ねぇ。。
(自習は別として)後期は刑法の授業が何もないことになります。
しかも現行のカリキュラムだと2年の前期も刑法系の授業がないんだよね。
つまり、一年間刑法の授業から遠ざかるわけだ…怖すぎるなぁw

しかしまぁ未修者の一年目ということで、授業も講義形式のものばかり。
民訴・刑訴がないのはどーなの、と思いますが、
夏休みあたりに自分でやるからいいとしよう。

とりあえず今は、課題に追われつつ授業に遅れないようついていくので大変です。
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-18 16:15 | ロースクール

コンスタンティン

キアヌリーブスの「コンスタンティン」を観て来ました。

雰囲気というか世界観はなかなかイイ感じで、
キアヌ演じる主人公もワタクシ的には好きなキャラで、なかなか良かったんですが…

ネタバレのためおりたたみ。

More
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-16 00:00 | 映画

行政法(必修)

行政法の授業は…ヤバイですw

これまた無茶なカリキュラムが組まれているせいで
前期だけで盛りだくさんな内容をこなさなければならないわけですが。

基本的に、講義するのが上手な教授ではないようです。
同じことを意味なく何回も言ったり。
あまり意味ないかな、言ったほうがいいかな、でもやっぱり…と迷ったり。

ただでさえ時間は足りないのだから、講義は重要なポイントに絞って
あとは自分で勉強しておくように、くらいでいいと思うんですが。

今の講義内容では何が重要なのかもわからないまま
ダラダラと終わっていく感じです。

せめて、自習のペースメーカーの役割は果たしてほしいものだ。
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-15 18:21 | ロースクール

日本なんて所詮任那扱い?

個人的には中国人も韓国人も全く嫌いではないんですが。

More
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-13 21:06 | 日記

シガーバー in 恵比寿

土曜日は千葉のららぽーとでお買い物。

今まで平日はスーツを着ていたから、普通の服が全然なくて。

靴とジャケットとシャツを3着ほど購入しました。
ららぽーとにはお買い得なアイテムが多くて助かります(^^)

収入なくなっちゃったからなぁ~
セレクトショップとかで買うのはキツイ身です。
貯蓄が底をつく前に何とかせねば…

そのあとお台場で映画でも観ようか、という話になったんですが
お目当てのコンスタンティンはまだ封切り前で。
他にめぼしい映画も演ってなかったので撤収。

おなかがへったのでアクアシティのラーメン国技館(?)で
尾道ラーメンを食べましたが…これは完全に失敗でしたね。
たぶんほんとの尾道ラーメンはもっとおいしいはず…
しょうがないからパステルのプリン買って帰りましたw

…(本題はここから?)

More
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-09 00:00 | 日記

渡辺満里奈の結婚発表

ついにまりなが結婚するとのこと。

小学生くらいからファンだったような気がする。
おにゃんこはまぁいいとして、予備校ブギとか好きだったなぁ~
あ、その前に仮面のりだーとかあったっけ。
「お茶の間」とか微妙なドラマ(失礼)にも出てたし。

いっときあんまりテレビに露出してなかったような気がするのは俺だけ?
おしゃれカンケイとかどうぶつ奇想天外でまたみかけるようになり…
最近またまりながかわいくなったなぁ~と思っていたら、

結婚発表でした。

TOTOとか「にょにょにょ」(資生堂?)のCMとか少し前の「Tarzan」の
表紙のまりながとてもいい感じだっただけに…複雑な気分ですw
ま、幸せそうなので別にいいんですがw


結婚しても出産しても、テレビには出てきて欲しいものです。
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-08 21:54 | 日記

新入生歓迎会

ロースクールの新入生歓迎会がありました。

未修100人、既修100人の合計200人を対象にしたものでしたが。

大学院長のご挨拶の中で、
「法科大学院は新司法試験に合格するための授業を行うところではなく、
法科大学院で学ぶことで、自然に法曹としての能力が身につくようになる。
試験に合格するのは結果としてそうなるにすぎない」
という趣旨の発言がありました。

それが法科大学院構想の理念である、と。

…いや、まぁ、理念は理念でいいんですけどね。

現実問題としては、うちら学生は合格しないと意味ないわけで。

そういう理念を唱えるのであれば、医師国家試験のように
一定水準の学力(適性)を持つ受験生は全員合格させる絶対評価制に
するべきでしょう。
もちろん、修習所の定員の問題もあると思いますが…
それは解決できる問題であって、結局法曹の数を増やしたくない抵抗勢力の
言い訳に使われてるだけのような気がしますね。

「司法試験」が資格試験だというなら、必要とされる基準をクリアしたら
資格を与えるべきだし、また、一度合格したら死ぬまで有効とするのではなく、
資格をとった後も、何年かに一回資格に見合った能力が備わっているかどうか
確認する試験も行うべきではないでしょうか。


…ま、なんだかんだ言って現行の枠組みの中で頑張るしかないわけで。
ロースクールには、「試験合格に向けた有益な授業」を期待しますw
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-08 00:00 | ロースクール


フォースと共にあらんことを。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
脱サラして都内某大学ロースクールに入学、卒業。新司法試験受験生です。動物占いは「猪突猛進のペガサス」。酒は飲んでも飲まれるな。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧