May the force be with Me.

カテゴリ:ロースクール( 34 )

行政法(必修)

行政法の授業は…ヤバイですw

これまた無茶なカリキュラムが組まれているせいで
前期だけで盛りだくさんな内容をこなさなければならないわけですが。

基本的に、講義するのが上手な教授ではないようです。
同じことを意味なく何回も言ったり。
あまり意味ないかな、言ったほうがいいかな、でもやっぱり…と迷ったり。

ただでさえ時間は足りないのだから、講義は重要なポイントに絞って
あとは自分で勉強しておくように、くらいでいいと思うんですが。

今の講義内容では何が重要なのかもわからないまま
ダラダラと終わっていく感じです。

せめて、自習のペースメーカーの役割は果たしてほしいものだ。
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-15 18:21 | ロースクール

新入生歓迎会

ロースクールの新入生歓迎会がありました。

未修100人、既修100人の合計200人を対象にしたものでしたが。

大学院長のご挨拶の中で、
「法科大学院は新司法試験に合格するための授業を行うところではなく、
法科大学院で学ぶことで、自然に法曹としての能力が身につくようになる。
試験に合格するのは結果としてそうなるにすぎない」
という趣旨の発言がありました。

それが法科大学院構想の理念である、と。

…いや、まぁ、理念は理念でいいんですけどね。

現実問題としては、うちら学生は合格しないと意味ないわけで。

そういう理念を唱えるのであれば、医師国家試験のように
一定水準の学力(適性)を持つ受験生は全員合格させる絶対評価制に
するべきでしょう。
もちろん、修習所の定員の問題もあると思いますが…
それは解決できる問題であって、結局法曹の数を増やしたくない抵抗勢力の
言い訳に使われてるだけのような気がしますね。

「司法試験」が資格試験だというなら、必要とされる基準をクリアしたら
資格を与えるべきだし、また、一度合格したら死ぬまで有効とするのではなく、
資格をとった後も、何年かに一回資格に見合った能力が備わっているかどうか
確認する試験も行うべきではないでしょうか。


…ま、なんだかんだ言って現行の枠組みの中で頑張るしかないわけで。
ロースクールには、「試験合格に向けた有益な授業」を期待しますw
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-08 00:00 | ロースクール

4月5日 火曜日

授業二日目。本日は商法総則の授業でした。

えーと…カリキュラムは…
今年の前期で商行為&手形小切手が終わる、ということになってますw

新司法試験になって、商法は「民事系」というカテゴリに入れられたわけです。
民法、民事訴訟法、商法の3つが一つのカテゴリ。
で、論文はそのカテゴリから大問が2つ出題されるようです。

民事系の配点150点ということから、
大問1つ目:民法と民訴の複合問題(100点)
大問2つ目:商法の問題(50点)

となるだろう、というのが大方の予想。

ここで商法の出題は、当然会社法がらみになるでしょう。
つまり、商行為やら手形小切手は出題されない。
少なくともメインの論点としては範囲外。

…じゃーこの火曜日の授業意味ねーじゃん、と思いたいんですがw

これまた試験制度が変わって、現行では多肢選択(マークシート)の
範囲は憲民刑の3つだったのが、新試験では商法も含まれていまして。
商行為や手形小切手はおそらく多肢選択で出題されてくるだろうと…


結局やること増えただけか…
ローの教授は
「現行とは違って重箱の隅問題が出されないようになる(はず)」と
おっしゃられていましたが。

資格試験のはずなのに上位1500人だか3000人だかが合格と
なるシステムを採ってる限り、結局は「落とすための試験」となっていくような
気がするんだけどねぇ。
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-05 00:00 | ロースクール

ロースクール授業開始

ロースクールの授業が始まりました。

この日の授業は

刑法総論と民法総則。

刑法は歴史的なハナシから罪刑法定主義のさわりまで。
民法は…勉強の仕方と…いきなり課題ですか。
権利の濫用と信義則違反の事案について。

まぁ、学部と違ってハードなスケジュールになることは
覚悟の上なんですが。
ちょっとぐらいバイトする時間はなんとか作りたいものです。
収入がまったくなくなるのは痛すぎる~~
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-04 00:00 | ロースクール


フォースと共にあらんことを。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30