May the force be with Me.

憲法中間試験

韓国籍の特別永住者であるXは、1988年に保健婦として東京都に採用され、
1994年度及び1995年度に実施された課長級の職への管理職選考試験を
受験しようとしたところ、日本国籍を有していないことを理由として受験が
認められなかった。

Xは東京都に対していかなる憲法上の主張をおこなうことができるか。
その当否とともに論ぜよ。



いわゆる、外国人の公務就任権の問題ですね。

高裁の判決ですが判例百選にも載ってる事案です。

…ノーチェックでした(;´Д`)


ちなみに判例の結論は、

国民主権の原理から、原則的には、わが国の統治作用の根本に関わる
職務に従事する公務員は日本国民をもって充てられるべきである。

とはいえ、

管理職であっても、専ら専門的・技術的な分野においてスタッフとしての
職務に従事するにとどまるなど、公権力を行使することなく、また
公の意思の形成に参画する蓋然性が少なく、統治作用に関わる程度の
弱い管理職も存在する。
かくして、
課長級の管理職の中にも、外国籍の職員に昇任を許しても差し支えの
ないものも存在するというべきであるから、外国籍の職員から管理職選考の
受験の機会を奪うことは、憲法22条1項、14条1項に反して違法である。
(憲法22条は職業選択の自由、14条は法の下の平等)
[PR]
by roguelawyer | 2006-05-16 18:20 | ロースクール
<< ダ・ヴィンチ コード スペインGP >>


フォースと共にあらんことを。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
脱サラして都内某大学ロースクールに入学、卒業。新司法試験受験生です。動物占いは「猪突猛進のペガサス」。酒は飲んでも飲まれるな。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧