May the force be with Me.

サンマリノGP

ライコネン君は…今回もパッとしませんでした…

レースとしてはなかなか面白かったんですけどね。

66回目のポールポジションから、フェラーリの皇帝様がスタート。
それを追いかけるルノーのアロンソ氏。
序盤はフェラーリのマッサがアロンソを押さえる格好になってましたね。
マッサはあっさり抜かれるかと思ったんですが、いい仕事してました。

そんなわけで、1回目のピットまでに皇帝様はアロンソ氏に対して
マージンを作ることができたんですが、その後アロンソ氏の
驚異的な追い上げによりあっというまにテールトゥノーズ状態に。

もうアロンソがいつ抜いてもおかしくない、という状況で
M・シューマッハも譲らず。かわすのが難しいコースということもあって、
そのまま周回を重ねます。
アロンソが抜きにかかってはシューマッハが押さえる、というのが続き、
F1の醍醐味を堪能させてもらいました(*´ω`*)


…ちなみにこの間、ライコネン君は8位とか9位とかをウロウロしてたようです。


結局、そのまま皇帝様がアロンソ氏をおさえ切ってチェッカーを受けました。
2回目の給油でアロンソが先に入らなければ…
間違いなくピットでシューマッハより前にいけたのに。
まぁ、アロンソ氏はコース上でオーバーテイクしたがっていたように思われますので
望むところだったのかもしれませんね。
チーム的にはミステイクですが。

…ちなみにライコネン君は5位でゴールです。
4位にはコンマ差でマッサが…もしかしてここでもマッサがいい仕事して、
ライコネンはガッチリ押さえられてたんでしょうか(;´Д`)フガイナイ
[PR]
by roguelawyer | 2006-04-23 20:30 | F1
<< ヨーロッパGP 共謀罪 >>


フォースと共にあらんことを。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30