May the force be with Me.

フランスGP

前回のアメリカGPでミシュランがやっつけたせいで、
始まる前は微妙な空気でしたが…問題なく開催されました。

予選ではひいきのライコネン氏が3位とまずまずの成績。
のはずが、エンジン交換によるペナルティで13番からスタートだって。
なんでやねん。ただでさえポールポジションは現在ポイントリーダーのアロンソ氏なのに。

と思ってるうちにレーススタート。
めずらしく何も起こらない一週目~淡々とレースが進んでいきます。

展開としては、ポールのアロンソ氏がスイスイ走っているのに対し、
2番手からスタートしたトゥルーリ氏のペースが一向に上がらず。
よって3位以下はトゥルーリ氏の後ろに詰まってゴチャゴチャしてる間に
トップとの差がどんどん開いていく…といった感じでしょうか。

ライコネン氏はうしろのほうから地味に順位をあげ、なんとか2番手まで。
どうやら予選時はガソリンをたくさん積んでいたようで、ピットの回数は
アロンソ氏より1回少なくてすみそうでしたが…
アロンソ氏とのタイム差は30秒以上あり、どーしょうもありませんでしたね。
それだけのガソリンを積んで予選3位のタイムを出したというのは驚きですが。
結局そのままゴール。3位は赤い皇帝様でした。

レース後、ライコネン氏は「今回はどうしても勝ちたかったのに残念だ」と
本当に悔しそうでした。が、エンジン交換がなくても、すなわち
1:アロンソ 2:トゥルーリ 3:ライコネン
という順番でスタートしていたとしても、多分結果はかわらなかっただろうな、と思います。
2番スタートのトゥルーリ氏に引っかかっただろうし、
それにアロンソ氏の走り&マシンにはほとんど隙がなかったです。ありゃー無理だ。
(フィジケラの給油でミスってたけど)

そろそろ、世代交代のときが近づいてきた?
[PR]
by roguelawyer | 2005-07-05 18:28 | F1
<< 法律うらない こえー。 >>


フォースと共にあらんことを。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30