May the force be with Me.

あれ?

いくつかコメントが消えてる…ような気がする…

まぁいいや、

憶えてる範囲内でお返事エントリ。

旧軽にいったとき立ち寄った「石の教会」で式を挙げる予定…
は当分ございませんことよ~

俺自身あんまり結婚願望ないし…結婚式にもまったく興味なし。
知り合い呼んで結婚報告をかねたパーティーみたいなのは
やってもいいかな~とは思うんですが。

しかしまぁそれ以前に、まず結婚できないんですな。
社会人から学生になっちゃったってこともあるんですが…
いわゆる民法733条一項にひっかかるっちゅーことですな。

にしても女性にだけ禁止期間があるってのは
平等原則を定めた憲法14条に違反してませんかね。
誰か婚姻届不受理を不服として訴訟おこしてみてくれないかな~


追記
一応、憲法違反について詳細を。



現行の民法では…

婚姻の日から200日以降に生まれた子は夫の子だと推定されます。
一方で、離婚の日から300日までに生まれた子についても、前夫の子と
推定されます。

…つまり、ある女性が離婚して、またすぐに違う男性と結婚して、
再婚の日から250日目に子が生まれた場合。

(DNA鑑定などの現実の判断とは別に、あくまで法律上)
前の夫と次の夫、両方の子であると推定されてしまうわけです。

この矛盾を避けるため、民法は女性に再婚禁止期間を設けたわけです。
期間は6ヶ月。

しかし、ここで何故6ヶ月なのか?という問題が生じます。
「どの夫の子であるかの推定」がかぶっているのは
再婚の日から200日目~300日目の100日間です。

つまり、再婚禁止期間は100日(101日?)でもいいんじゃないの、ということです。
6ヶ月に設定した合理的な理由があれば別なんですが。

ということでこの条文(民法733条)は違憲の疑いが強い、ということですな。
[PR]
by roguelawyer | 2005-04-07 17:25 | 日記
<< 新入生歓迎会 4月5日 火曜日 >>


フォースと共にあらんことを。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
脱サラして都内某大学ロースクールに入学、卒業。新司法試験受験生です。動物占いは「猪突猛進のペガサス」。酒は飲んでも飲まれるな。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧